足立正生
足立正生编剧 | 导演 | 演员 | 制片人
Masao Adachi
金牛座
1939年5月13日出生于日本,福冈

足立正生,生平: 他为大岛渚和若松孝二写下了不少杰出的剧本。 当他还是大学生的时候,他来到了若松的制片公司,要求加入,若松说:欢迎,我会好好折磨你的。足立写剧本很快,两天一个。后来若松回忆起来,说当时的确对他很狠,甚至说:如果下雨,就是你的错。 1971年,足立加入日本赤军,成为领袖之一,后来转战中东,1997年2月15日被黎巴嫩警方逮捕。2000年3月18日被黎巴嫩政府送回日本,在成田机场,足立被日本警方逮捕 。 日文资料:日本大学芸術学部映画学科入学。日大新映研こと日本大学新映画研究会所属。在学中に「非公開を目的とした映画」として35mmフィルムで自主制作された『鎖陰』によって一躍学生映画界の寵児となる。『鎖陰』はその一部がハプニングという形で上映され話題となり、アートシアター新宿文化で再上映され学生が長蛇の列を作る。日本大学中退後にVAN映画科学研究所に参加。その時期には城ノ内元晴、赤瀬川原平などと共に活動している。松田政男に紹介され若松孝二の独立プロダクションである若松プロダクションに加わる。爾来若松孝二とは公私ともに強い結びつきを保ち続けている。 若松プロダクションにおいては大和屋竺らと共にピンク映画の脚本を量産(脚本に際しては「出口出」という筆名も用いている)。その脚本には革命と性が一貫したモチーフとして描かれ、常に実験映画と運動に同一線上において関わり続けた点で特殊な作家兼運動家である。唐十郎や山下洋輔らと共に若手芸術家の筆頭として注目される事になる。 監督としては『堕胎』1966年でデビュー、永山則夫を題材にした『略称?連続射殺魔』を佐々木守、松田政男らと共同制作し風景論を展開。1971年にはカンヌ映画祭の帰路、若松孝二とパレスチナへ渡り、日本赤軍、並びにPFLPのゲリラ隊に加わり共闘しつつ、パレスチナゲリラの日常を描いた『赤軍-PFLP?世界戦争宣言』を撮影,製作。 1974年以降、映画活動を一時捨て、一兵卒として重信房子率いる日本赤軍に合流、国際指名手配される。1997年には岡本公三や和光晴生ら四人と共にレバノン?ルミエ刑務所にて逮捕抑留。2000年3月刑期満了、身柄を日本へ強制送還。日本の警視庁は足立正生ら3人を逮捕した(岡本公三はレバノンへの亡命を認められたため、日本には来なかった)。旅券法違反で起訴され、懲役2年執行猶予4年の判決が下る。 日本で創作活動を再開。国内において35年ぶりに岡本公三をモデルに描いた『幽閉者 テロリスト』でメガホンを取った。

  • 他的作品(74)