仪武祐子
仪武祐子演员
Yûko Gibu
水瓶座
1981年1月28日出生于日本,冲绳,Yonabaru

仪武祐子,儀武 ゆう子(ぎぶ ゆうこ、本名(旧姓):儀武 祐子(読みは同じ)、1981年1月28日 - )は、日本の女性声優。フリー。 沖縄県島尻郡与那原町出身。血液型はO型。 以前はエーエス企画、ホーリーピーク、元氣プロジェクトに所属していた。2005年1月にアニメ情報番組『Club AT-X』にてリポーターとしてテレビ出演。その後同年4月よりテレビアニメ『こいこい7』にてメインキャラの役を抜擢され一部で人気を博す。同年7月には同作品で共演した二宮圭美(現在は声優業引退)と声優ユニットBooNo(ブーノ)を結成したが、2007年12月31日に解散した。 BooNoが解散してパートナーを失った2008年は自分1人でどこまでやれるかと決意を新たにし、ブログ更新を中断した。2009年に1年ぶりにブログを更新し、その年の目標に「ブログを多く更新したい」を挙げた。 親交の深い人物は、声優ではかかずゆみ、伊藤亜矢子、白石涼子、矢作紗友里、大浦冬華、釘宮理恵、宮崎羽衣、堀江由衣、福井裕佳梨、緒方恵美などがおり、声優以外では佐藤順一・恭野夫妻、音楽ユニットmarbleと非常に親交が深い。 2014年3月2日、記者会見を開き結婚を発表した。 2016年10月26日、自身のブログにて第1子妊娠を公表。 18歳の頃に沖縄から上京。声優として活動する以前は、イベントのMCや地方ケーブルテレビのリポーターなどの仕事をしていた。現在もその経験を生かして、アニメの特別番組のリポーターやイベントのMCを担当することがある。 小さい頃は、魔界から王子様がやって来て、自分をお嫁さんにしてくれると信じて待っていたという。それなりの年になると「魔界から王子様は来ないな」と悟る。しかし、それでも諦めきれず、王子様が迎えに来て魔界のお姫様になるには、声優になるしかないと思い声優になったという。 出身校は与那原東小、与那原中、知念高校。同高校を選んだのは当時放送部が華やかだったから(広報『よなばる』No.414より)。高校生の頃は放送部に属し、2年生以降はNHK杯全国高校放送コンテスト、九州高校放送コンテストそれぞれの県大会にて毎年アナウンス部門で優勝、全国大会では5位に入賞した。 放送部の活動でテレビやラジオの番組作りにも携わり制作の楽しさを知り、高校2年生の時から戦隊ヒーローものの子供ショーの司会や与那原まつりのアナウンスも担当していた。高校卒業後すぐに上京するが、最初のうちは声優にはほど遠い毎日で企業の事務や飲食店のアルバイトをしていた。 あだ名「ボブ」は、『こいこい7』で共演した伊藤亜矢子が名付けたものである(由来は不明)。また、「ギブユウ」、「ギブちゃん」とも呼ばれることがある。 『風雨来記2』の出演とともに、同作スタッフたちの方言指導もしている。その後、奄美大島が舞台となる『うみものがたり 〜あなたがいてくれたコト〜』でも、鈴木役などで出演するとともに、方言指導を担当している。 BooNo解散後も二宮との交流は続けており、2013年2月7日の本気!アニラブでは二宮をゲストに呼んでいる。『たまゆら』では元々レギュラー出演の予定ではなかったため、わざわざ竹原まで取材旅行に行った佐藤順一を追いかけ、その場で出演を懇願しており、その道中がたまゆら公式サイトで「たけはらんど」として公開された。 『たまゆら〜hitotose〜』の第4話に出てくる桜田麻音による落書きは、儀武が子供の頃に実家の柱に描いたものがそのまま使われており、そのためこの回のエンディングテロップには原画で儀武の名前がクレジットされている。 松来未祐と親交が深く、2016年2月4日にTBSで放送された『NEWS23』で、松来が慢性活動性EBウイルス感染症で死去したニュースを報じた際、松来の親友であった儀武が出演して当時の壮絶な闘病生活の様子と松来を失った悲しみを涙ながらに語っている。

她的作品(63)